健康保険の加入条件について

社会に出て会社員として働くようになったときには、一定の条件を満たしていると言うときには健康保険と厚生年金に加入するようになっています。
この時の加入条件は会社が社会保険に加入していると言うことと一定以上の労働時間があるということ、そして一定以上の雇用契約期間があるということになります。
この加入条件のすべてをクリアしていれば社会保険に加入できます。
この社会保険への加入は義務となっているので、条件を満たしているにもかかわらず加入していないという場合には法律違反と言うことで事業主に罰則が科されるようになっています。
雇用保険法では6ヶ月以上の懲役または30万円以下の罰金となっています。
健康保険法でも6ヶ月以上の懲役または30万円以下の罰金となっています。